ランドセルの色って男の子はどうするんだろう

工房系の製品を子供が気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります

ここ何年か、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設コーナーが設置されているのをよく見かけます。

実は、早い人は4月頃にはラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られている製品を狙っている場合は早くラン活をしている傾向のようです。

工房系の製品は通販での注文のみになっていることも多くできれば実物を確認しておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から各メーカーかの展示会や早いうちから情報を集め合同展示会などを利用してみてはいかがでしょうか。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている家族の光景がもはや夏の風物詩になってきましたね。

先輩ママ達が選んだ際のポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が最も重要視していた色やデザインは「本人が気に入ったデザイン」でも良いのですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが小学校高学年になっても趣味が変わるということはよくあります。

同じように当時人気のキャラものにしたら6年間のうちに興味がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインや色を重要視している方が多いようです。

ラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かける機会が増えると思います。

ラン活の際にいくつか注意したい点があるので確認しておきましょう。

売り場に行く前の確認事項は入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかやA4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいサイズが必要なのかです。

店頭に行った際の確認事項は丈夫さや軽さです。

店頭に行ってから確認したいのは丈夫さや軽さです。

背負った時の体感重量が軽いかということを言います。

他にもいくら丈夫でも万が一壊れてしまったときのために6年間の保証がついているか確認したいですね。

ここまで色々言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

最近の夏休みは来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、いわゆる「ラン活」が本格化する時期と言われています。

おそらく最初はインターネットで値段をチェックする方も多いと思いますが思っていた以上に高いことに驚くのではないでしょうか。

クラリーノを生産しているクラレの調査によると2016年度入学する子供のランドセルの平均価格は45.000円以上になっているようです。

なぜここまで平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応が主流になり容量が大きくなったので使う材料が増えていることや刺繍などデザインが複雑化していることなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに迷ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

みなさんが小学生の時に小学校へ行く際の通学カバンはなにでしたか?多くの方は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを背負っている子供やランドセル自体の色が増えてきておりランドセルの見た目にこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルが汚れないようにランドセルカバーが売れてきています。

男女両方で人気のデザインはランドセルのデザイン性を損なわない透明なビニール製のものが選ばれるようです。

また、女子の場合はかわいいデザインものが人気のようです。

他の人とデザインが被らないようにしたいという場合はハンドメイドサービスで探してみても良さそうです。

小学校への入学時は教科書や体操服、上履きなど思った以上に費用がかかることに驚きます。

その中でもランドセルは様々な価格帯がありいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方にアドバイスを聞くと予算としては3万円以上にしておくとある程度の品質が保証されるイメージのようです。

実際に売れているのも4万円台が多いという発表もあります。

できるだけ品質が良くて安く購入したいという場合はアウトレットランドセル検討してはいかがでしょうか。

店頭サンプルで使用されていたものや少し傷がついたB級品と呼ばれるものもあれば、機能的にほぼ変わらない型落ち品などがかなり安く買えます。

夏休みが近づき「ラン活」の時期になって来ました。

ラン活とは来年入学の子供が使うランドセルを探して購入することです。

ラン活に際して特に気になるのは値段の相場ではないでしょうか。

購入に際しての平均価格帯は4万円台になっているようです。

7割近くの人が3万円台?5万円台を選んでいます。

世の中には1万円台の製品もあるようですがその理由を見ると6年間使い続けるということを考えるとまた、3万円以上の丈夫なランドセルなら実際に百貨店で販売員をしていた方の言葉を参考にするとやはり3万円以上の製品の方が丈夫で壊れにくいようです。

最近はリビングで勉強をする子供が増加しているそうです。

リビングでの勉強は家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからない箇所を聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を用意しない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルやカバンの置き場所です。

ただ居間にランドセルを置くとインテリアと合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックを活用してみてはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下の隙間にカラーボックスを置いてみたり、現在居間に置いてあるラックの一部をランドセル用に使う、子供が床に置くことが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

夏が来て来年小学校に入学する子供や孫のためのランドセル探し、通称「ラン活」が本格化する時期とも言われています。

最初はスマホやPCで値段を調べる方も多いと思いますが思っていた以上に高いことに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年入学児童の平均価格は45.000円以上になっていたようです。

なぜ価格が全体的に高くなるのかというとA4フラットファイル対応が主流になり使う材料の量が増えていることや色やデザインの種類が年々増えているので開発費がかかるためなどがあるようです。

売り場で選ぶのに困ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

皆さんは小学校へ通学する際にどんなバッグで行っていましたか?多くの人がランドセル通学だったと思います。

自分の子供や孫が小学校へ入学するからとラン活を始めると少し前までは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに色々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方を悩んだら他の家庭ではどんな面を重視していたか参考にしましょう。

例えば、購入時のアンケートではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを購入するとしたら何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さが1位になっています。

ここでいう丈夫さとは型崩れしにくい、金属パーツが厚いことなどです。

この前、私用でランドセルについてネットで調べていたらアディダスのロゴ付きのランドセルがある時代なんですね。

運動が好きな男の子にオススメなのではないでしょうか。

販売されている製品の特徴を詳しく調べると百貨店モデルでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているのでそのため国内製造している日本メーカの製品とアディダスのブランドロゴが被せ部分などに配されており他にも背カンにはフィットちゃんがロゴが反射プリントされているので暗い道などで背負いやすさの追求もされています。

ここ数年、夏休みになると近所のイオンなどで見かける光景があります。

それは祖父母と見られる大人と子供のグループがランドセル売り場に一緒にいる光景です。

ここではおそらく見に行くことの多いイオンオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」について評判などを調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは色々な種類や色など、選択肢が多く、実際に試着して選べることと6年間の無料保証があるので安心して使用できることです。

短所としてはラインナップが幅広いので想定していなかった色や形を子供が気に入ってしまうことがあることです。