子供と両親と祖父母のグループがランドセルを一緒に選んでいる光景

最近では、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

ここでは皆さんの身近なイオンのオリジナルブランド「かるすぽランドセル」について調査しました。

かるすぽランドセルのメリットは様々な種類やカラーなど、選択肢が多く、実際に試着して選べることと6年間無料保証があるので安心できることです。

デメリットとしては幅広いラインナップのため想定していなかった予算のものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

みなさんが小学生の時に小学校へ行く際は何を使っていましたか?多くの場合は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではランドセル本体のデザイン性が高まり見た目にこだわる親も増えているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルが汚れないようにランドセルカバーが売れてきています。

男女両方で人気のデザインはランドセル本体のデザイン性を損なわないシンプルなものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースでラインが入っているなどワンポイントデザインものも人気のようです。

他の人と被りたくない方はハンドメイド系のサービスで探してみても良さそうです。

小学生の時にしか使えないものと聞くとランドセルを考える方も大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤とほとんど色が決まっていましたが最近では様々な色や種類が登場しています。

では、もう定番のカラーやデザインは人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気はあります。

確かにここ数年、緑系やピンク系が25%と1番人気ですが赤系は19%と5人に1人の割合で選んでいます。

また、赤系の中でもトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、一概に赤系といっても幅広いラインナップになっています。

スマホが普及して何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考にして決めた結果、後悔した経験もあると思います。

それはランドセル選びをする際も一緒です。

初めてラン活をする際はどれを選んで良いかわからず評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場に見に行くと評判通りではないこともよくあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製品がどう造られているかを知らなければいけません。

また、口コミを参考にしようと思ってもメーカーは数十社もあり、種類はその数倍もあるのでどれを選べば良いか結局決められないという話も聞きます。

一番簡単な選択方法としては最初にメーカーを決めてしまうことです。

例えば、自社製造しているセイバンなんかは品質が安定して高いです。

最近の夏休みは来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、通称「ラン活」が本格化する時期とも言われています。

はじめはネットで値段をチェックする方も多いと思いますが思っていた以上に高いことに驚くのではないでしょうか。

クラリーノを生産しているクラレの調査によると2016年度入学する子供のランドセルの平均価格は45.000円以上になっているようです。

なぜ平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応が主流になり使う材料が増えていることや色や刺繍などのデザインが増えていることが挙げられます。

売り場に行ってどれにするか迷ったら販売員さんと相談しながら決めましょう。

夏休みも近くなり、ラン活も本格的になる時期になりました。

調査によると7月~10月がピークとも言われていますが人気上位の工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを手に入れたい場合は早めに動かなければいけないということからこの話が出ているようです。

ただ、早く決めすぎた場合に子供が心変わりすることがあります。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいと言われたという話も聞きます。

個人的にオススメなのは年末年始のタイミングや10、11月頃です。

年末の決算で安くなっていたり、入学3ヶ月前なら体型も変わりにくくなので体に合ったものが選びやすいです。

暑くなって来て「ラン活」の時期になって来ました。

ラン活とは来年入学の子供が使うランドセルを探して購入する活動のことです。

ラン活に際して特に気になるのは値段の相場ではないでしょうか。

平均購入価格は4万円台になっているようです。

調査によると7割近くの人が3万円台?5万円台を選んでいます。

市場には1万円台の商品もあるようですが6年間背負い続けるということを考えると安いものだとなんとなく不安に思ってしまいますよね。

実際に売り場で販売員をしていた方の言葉を参考にするとリメイクして使い続けるということも十分に可能になります。

皆さんがランドセルを子供に買おうと思ったらどこで買いますか?近くのスーパーや百貨店の特別展示会へ行く人も多いと思います。

中には、流通数が多くて比べやすいし通販でいいかなという人もいるのでは?通販は他の製品と比べやすいなどの利点も多いですができれば1度は百貨店などの売り場で現物をチェックしてください。

なぜかというと、通販では本体の重量はわかっても実際に背負った時に軽く感じるかや丈夫さなどがわからずフィット感が悪くて使いにくいことがあるからです。

他にも、刺繍などのデザインや細かいこだわりも確認できます。

通販を利用するとしたら実物を確認してからをお勧めします。

最近、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設販売コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を見て気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は1年以上前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている方は早くラン活をしている傾向のようです。

工房系の製品は通販限定になっていることも多くできれば実物をチェックしておきたいですよね。

そのため4月のうちから展示会を行っているメーカーもあるので今からでも情報を集めてみてはいかがでしょうか。

最近は居間で勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを教えてもらいながら勉強できるので効果的と言われています。

居間で勉強をするのであえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルやカバンの置き場所です。

ただリビングに置くとインテリアと合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックや収納アイディアで解決してはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下の隙間にカラーボックスを置いてみたり、現在リビングで使っているラックの一部をランドセル用に使う、子供が床に置くことが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

初体験のことはどんなことでもわからないことだらけですよね。

特にランドセル選びなど長期間使うものを初めて選ぶのは慎重になりがちです。

各社の製品について口コミなどから比較してみました。

まず、ランドセルを販売する企業が多いので大まかに分類します。

製造から企画・販売まで行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う会社、企画まで任せて販売のみ行う会社の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっている企業の製品の質はまず間違いないです。

次にオススメできるのは販売のみ行う企業です。

主に有名ブランドランドセルがこの部類に当てはまります。

この場合は、工場側からブランドへ企画を出すことが多いので質が良いことが多いです。

小学生の時にしか使えないものと聞くとランドセルを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では色々な色や種類が登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と考えてしまう方もいると思いますが未だに人気は健在です。

確かにここ数年、水色やラベンダーといった昔はなかった色の人気がありましたが赤系はそれに次ぐ3番人気を保ち続けています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。