来年小学校に入学する子供や孫のためのランドセル探し、いわゆる「ラン活」が本格化

売り場に行く前にネットで値段をチェックする方も多いと思いますが

思っていた以上に高いことに驚くのではないでしょうか。

クラリーノを生産しているクラレの調査によると2016年度入学する子供の平均価格は45.000円以上になっていたようです。

なぜ価格が全体的に高くなるのかというとA4フラットファイル対応サイズが主流になり使う材料が増えていることや刺繍などデザインが複雑化していることなどがあるようです。

売り場で選ぶのに困ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

お子さんが小学校を卒業した際に悩むのが使用しなくなるランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう、人にあげるかのどちらかが多かったですが最近では財布やパスケースにリメイクするサービスが人気になっています。

なぜリメイク出来るかというとランドセルは長期間使うことを前提としているため撥水性や強度が高いので6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着を持っているから捨てられず形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

財布などにして買ってくれた親族にプレゼントする人も多いようです。

小学校への入学時は教科書や学校によっては制服など思った以上に費用がかかります。

その中でもランドセルは価格に幅がありますがいいものは高くなりがちです。

実際に販売員をやっていた方の見立てによると予算としては3万円以上にしておくとある程度の品質が見込めるようです。

実際に売れているのも3?5万円台が多いという発表もあります。

その中でもなるべく安く購入したいという場合はセイバンなどの国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで飾られていたものや少し傷がついたもの、機能的にほぼ変わらない型落ち品などがかなり安く買えます。

みなさんが小学生の時に通学する際のカバンは何を使っていましたか?大半の方は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを使っている子供やランドセル自体の色が増えてきており見た目にこだわる親も増えているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルを汚さないためにランドセルカバーも人気になってきています。

男女両方で人気のカバーはデザイン性を損なわないシンプルなものが選ばれるようです。

また、女子の場合はかわいいデザインものが人気のようです。

ハンドメイドマーケットサービスでも出品されているのでここで探してみても良さそうです。

皆さんが小学生の時、通学する際はどんなカバンで行っていましたか?多くの人がランドセル通学だったと思います。

自分が親になり子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると少し前までは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに今では様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

もし選び方に悩んだら他の多くの方がどんな面を重視していたか参考にしましょう。

例としては購入時ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを買うとしたら何を重視するかというアンケートでは男子・女子ともに丈夫さが1位になっています。

このアンケートからは色はあまり関係ないことがわかりました。

ラン活は夏休みまでという話を聞きました。

調査によると7月~10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを狙っている場合は早めに情報を集めておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合に起きたら困ることが子供の心変わりです。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいと言われたという話も聞きます。

個人的にオススメなのは年末年始のタイミングや10、11月頃です。

年末の決算や年始の初売りで安くなっていたり、体型も変わりにくくなので体に合ったものが選びやすいです。

では、もう定番のカラーやデザインは人気ないの?

小学生の時しか持てないものといえばランドセルを考える方も大半なのではないでしょうか。

10数年前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では色々な色や種類が登場しています。

と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

実際にベネッセが2016年に行った調査では水色やラベンダーといった昔はなかった色の人気がありましたが赤系は19%と5人に1人の割合で選んでいます。

また、赤系の中でもトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに迷ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

ここ数年、夏休みになると近所のイオンなどで見かける光景があります。

それは子供が祖父母と見られるグループがランドセル売り場に一緒にいる光景です。

ここではおそらく1度は見に行くと思われるイオンオリジナルブランド「かるすぽランドセル」についてネットで評判を調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは色々な種類や色など、幅広いラインナップから試着して選択できることと6年間無料保証があるので安心できることや意外と高機能なことです。

デメリットとしてはラインナップが幅広いので親が考えていなかったものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

子供が小学校を卒業した後に悩むのが使用しなくなるランドセルの処分をどうするかということです。

捨ててしまう、人にあげるという人も依然多いですが最近では財布やパスケースにリメイクするサービスの人気が上がっています。

なぜリメイク出来るかというとランドセルは長期間使うことを前提としているため撥水性や強度が高いので6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着があるので捨てることができずかと言ってそのままでは使えないので結局邪魔になってしまいます。

そのため、進学した際に定期券を使う場合にパスケースが必要になるなど財布などにして買ってくれた親族にプレゼントする人も多いようです。

皆さんの子供時代、小学校へ通学する際にどんなカバンで行っていましたか?社会人の方のほとんどがランドセルだったと思います。

自分の子供や孫が小学校へ入学するからとラン活を始めると自分が子供の時は男の子は黒、女の子は赤と色の選択肢はほぼなかったはずなのに様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

もし選び方に悩んだら他の多くの方がどんな面を重視していたか参考にしましょう。

例えば、購入時ではなく購入後数年経過してからもう1度ランドセルを選ぶとしたら機能面やデザインで何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さが重視ています。

ここでいう丈夫さとは素材の質が良くて型崩れしにくいことなどです。

暑くなって来て「ラン活」が本格化する時期になって来ました。

ラン活とは来年入学の子供が通学時に使うランドセルを探して購入することです。

ラン活を始めるに際して気になるのは値段の相場です。

どうやら売れ筋の価格帯は4万円台になっているようです。

約7割の人が3万円台?5万円台を選んでいます。

市場には1万円台の商品もあるようですが3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくいのでオススメとのことです。

相場より安いものだと気持ち的には不安に思ってしまいますよね。

実際に販売員をしていた方の記事を参考にするとやはり3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくいようです。

初めて小学校へ入学するお子さんがいる時は教科書代など思った以上に費用がかかります。

その中でもランドセルはその中でもランドセルは価格に幅がありいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた知り合いのアドバイスによると予算3万円以上にしておくとどれを選んでもある程度高品質な製品が見込めるようです。

実際に売れているのも4万円台が多いという発表もあります。

その中でもなるべく安く購入したいという場合は工房系・国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

機能的にほぼ変わらない前年モデルの製品や、機能的にほぼ変わらない型落ち品やキャンセル品がかなり安く買えます。