まだランドセルを購入されていない方向けに今年の人気傾向を紹介します。

ラン活をするにあたってデパートの売り場などに出かけると思います。

その際に必ず確認したいことがいくつかあるので覚えておきましょう。

1つめは売り場へ行く前に調べておく内容です。

A4フラットサイズ対応のランドセルが必要なのかです。

店頭に行った際は丈夫さや軽いかをチェックしたいところです。

ここでいう軽さはランドセル本体の重量という意味ではなく背負った時に感じる体感重量のことを言います。

背負った時のフィッテイング感などから軽いと感じるかということを指します。

他にも6年間の修理保証がついているとここまで色々言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

ここ数年、購入時期の早まっているランドセルですが2019年入学のお子さんをお持ちの方はすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは受注生産体制のため早めに注文される方も多いようです。

ランドセルの規格はA4フラットファイル対応サイズが標準となっています。

デザインは男子向けでは「スポーティで元気!」というイメージのものからスタンダードなブラックに戻ってきました。

女子向けのキーワードは「ラグジュアリー」から今年はブラウンやピンクに近い色味の赤系が売れているようです。

ここ何年か、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設販売コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、特設コーナーで工房系の製品を気に入っても予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は入学の1年以上前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られている製品を狙っている場合は早くラン活をしている方が多いようです。

工房系の製品は店頭販売せず通販限定になっていることも多くできれば実物を確認しておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から展示会を開いている早いうちから情報を集め合同展示会などを利用してみてはいかがでしょうか。

皆さんの子供時代、小学校へ通学する際にどんなカバンで行っていましたか?社会人の方のほとんどがランドセルだったと思います。

自分の子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると約20年前くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほとんど選択肢はなかったはずなのに様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方に困ったら他の多くの方が重視している面を参考にしましょう。

例えば、購入時ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを選ぶとしたら機能面やデザインで何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さが1位になっています。

ここでいう丈夫さとは素材の質が良くて型崩れしにくいことなどです。

初めて行うことはどんなことでもわからないことだらけですよね。

特にランドセル選びなどは滅多に経験しないので選ぶのに迷いがちです。

各メーカーの製品について口コミなどから比較してみました。

まず、ランドセルを販売する企業が多いので大まかに分類します。

製造から企画・販売まで行う会社と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う会社、企画まで任せて販売のみ行う会社の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっている企業の製品の質はまず間違いないです。

一番製造数が多いのが専門企業に任せている企業です。

他の業界の有名ブランドランドセルがこの部類に当てはまります。

この場合は、工場側からブランドへ企画を出すことが多いので質が良いことが多いです。

皆さんがランドセルを子供に買おうと思ったらどこで買いますか?近くのスーパーや百貨店の特別展示会へ行く人も多いと思います。

中には、店舗まで行くのも大変だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販は他の製品と比べやすいなどの利点も多いですができれば1度は百貨店などで現物を確認してください。

その理由として、通販では本体の重さはわかっても実際に背負ってみてフィット感や丈夫さなどが不明な点が多く6年間使い続けることができるか確認する必要があるからです。

他にも、刺繍や金具のデザインなど細かいディテールも確認できます。

また、色の細かい違いも売り場の方がわかりやすいです。

特設コーナーで工房系の製品を気に入っても予約終了している可能性もあります。

ここ数年、夏休みの時期になるとデパートなどではランドセルの特設コーナーが設置されているのをよく見かけます。

実は、早い人は1年以上前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている方は早いうちから情報収集をしている方が多いようです。

工房系の製品は通販限定で売っていることも多くできれば実物をチェックしておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から展示会を行っているメーカーもあるので今からでも情報を調べてみてはいかがでしょうか。

この前、個人的にランドセルについて調べていたらアディダスなどのブランドロゴが付いたランドセルがあるんですね。

元気いっぱいな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の評判を集めてみたところ学習院モデルではしっかりとした箱型で低学年の頃など元気一杯で扱いが荒い時期に傷がつきにくくお手入れが簡単なようです。

他の製品との大きな違いとして挙げられる点は採用されているので思い教科書の負担が減り存在がわかりやすくなることなど防犯面が上がっています。

小学校への入学時は教科書や学校によっては制服など思った以上に費用がかかります。

その中でもランドセルは色々な価格帯がありますがいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方のアドバイスによると3万円以上の製品にしておくとある程度品質は安心していいようです。

実際に売れているのも3?5万円台が多いという調査結果もあります。

その中でもできるだけ安く入手したいという場合はセイバンなどの国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで飾られていたものや少し傷がついたもの、機能的にほぼ変わらない型落ち品やキャンセル品がかなり安く買えます。

夏休みは「ラン活」が本格化する時期と言われています。

ラン活とは来年入学の子供が使うランドセルを探して購入することです。

ラン活時に気になるのは値段の相場という人も多いと思います。

平均購入価格は4万円台になっているようです。

調査によると7割近くの人が3万円台?5万円台を選んでいます。

世の中には1万円台の製品もあるようですが3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくいのでオススメとのことです。

安いものだと気持ちとしては不安に思ってしまいますよね。

実際に百貨店で販売員をしていた方の言葉を参考にするとリメイクして使い続けるということも十分に可能になります。

年々、購入時期のピークが早まっているランドセルですが2019年入学のお子さんをお持ちの親御さんはすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系ブランドでは生産可能数などの問題から売り切れる前に早めに注文されることも多いようです。

まだ購入されていない方向けに今年の人気傾向を紹介します。

ランドセルの規格はA4フラットファイル対応サイズが標準となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行ったシルバーなどの光沢のあるメタリックカラーからスタンダードなブラックに戻ってきました。

女子向けでは光沢の強いパール調素材の龍宇高が落ち着き定番の赤系もどちらかというとピンクに近い色味が売れているようです。

最近はリビングで勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では親が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを教えてもらいながら勉強できるので効果的と言われています。

リビング学習をするので勉強机を必要としない家庭もあるようです。

リビングにランドセルを置くとインテリアとの調和性が不安となりただリビングに置くと家具と合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックや収納アイディアを活用してはいかがでしょうか。

例えば、キッチンカウンターの下の隙間にカラーボックスをおいて入れてみたり、現在リビングで使っているラックの一部をランドセル用に使う、床に置くことが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。