最近の夏は来年小学校に入学する子供のための「ラン活」のピークの時期とも言われています。

売り場に行く前にネットで値段をチェックする方も多いと思いますが意外と高いということにびっくりするのではないでしょうか。

クラリーノを生産しているクラレの調査によると2016年度入学する子供の平均価格は45.000円以上になっていたようです。

なぜこのように平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応サイズが主流になり使う材料が増えていることや色や刺繍などのデザインが増えていることが挙げられます。

価格や種類で選ぶのに迷ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

小学校への入学時は教科書や体操服、上履きなど思った以上に費用がかかることに驚きます。

その中でもランドセルはその中でもランドセルは価格に幅がありいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方のアドバイスによると予算としては3万円以上を見込んでおくと高品質が見込めるようです。

実際の売れ筋も4万円台というネット上の調査結果もあります。

その中でもできるだけ安く購入したいという場合はセイバンなどの国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで飾られていたものや少し傷がついたもの、機能的にほぼ変わらない型落ち品などがかなり安く買えます。

初めてのことはどんなことでもわからないことだらけですよね。

例えば、ランドセル選びなど長期間使うものを初めて選ぶのは慎重になりがちです。

各社の製品について比較してみました。

まず、ランドセルメーカーの数が多いので大まかに分類します。

製造から企画・販売まで全て自社で行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う会社、企画まで任せて販売のみ行う会社の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっているメーカーの製品の質はまず間違いないです。

次に製品の質が高いのは販売のみ行う企業です。

主に有名ブランドランドセルがこの部類に当てはまります。

この場合は、ブランド側で厳しくチェックすることが多いので質が良いことが多いです。

夏になりラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

その際の注意点がいくつかあるのでチェックしておきましょう。

例えば、入学する小学校には色やデザインの指定がないかやA4フラットサイズ対応のランドセルが必要なのかです。

次に実際に店頭に行ったときには丈夫さや軽いかをチェックしたいところです。

ここでいう軽さの意味はランドセル本体の重量ではなく背負った時に軽いと感じるかを指します。

他にも万が一壊れてしまったときのために修理してくれるかどうかという6年間の修理保証がついていると安心できますね。

ここまで様々なことを言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

みなさんが小学生の時に小学校へ行く際は何を使っていましたか?多くの方は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではランドセル自体の色やデザインが増えてきており見た目で選ぶ親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルの汚れ防止にランドセルカバーの需要が高まっています。

男女両方で人気のカバーはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明なビニール製のものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースのカバーやワンポイントデザインのあるものも人気のようです。

ハンドメイドマーケットサービスでも出品されているのでここで探してみても良さそうです。

年々、夏休みなど購入ピークが早まっているランドセルですが2019年入学のお子さんをお持ちの方はすでに予約・購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれる人気のランドセルは生産可能数があるため7?8月中に売り切れる見通しとなっているようです。

まだ購入されていない方向けに今年の人気傾向を紹介します。

ランドセルの規格はA4フラットファイル対応サイズが標準となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行ったシルバーなどのメタリックカラーからスタンダードなブラックに戻ってきました。

女子向けでは水色や紫が人気でしたが6年間飽きずに背負える「愛らしさ」へ変わっているようです。

ここ数年、夏休みになると近所のイオンなどで見かける光景があります。

それは孫とみられる子供が祖父母と見られるグループがランドセルを一緒に見ている光景です。

ここでは皆さんの身近なイオンのオリジナルブランド「かるすぽランドセル」について調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは様々な種類やカラーなど、選択肢が多く、実際に試着して選べることと意外と高機能な製品になっていることです。

デメリットとしては幅広いラインナップのため想定していなかった予算のものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

スマホが普及して何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考に選んで後悔した経験もあると思います。

それはラン活を行う際も同じです。

初めてラン活をする際はわからないことだらけでレビューが良いものを探すと思います。

ただ、実際に売り場や展示会に見に行くと生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製造元などの情報を知らなければいけません。

また、口コミを参考にしようと思ってもメーカーは数十社もあり、種類はその数倍もあるのでどれを選べば良いか結局決められないという話も聞きます。

一番簡単な選び方としては最初にメーカーを決めてしまうことです。

メーカーを決めたらそこから出ている商品で決めてしまうことです。

最近では、祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景がもはや夏の風物詩になってきましたね。

先輩ママ達が選んだ際のポイントについて確認しておきましょう。

まず、重要視されているのがデザインや軽さです。

「本人が気に入ったもの」でも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが大きくなって趣味が変わるのは大いに考えられます。

同じように幼稚園年長の時に人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうというケースも考えられます。

そのため、6年生まで使えるデザインを重要視している方が多いようです。

小学校を卒業した際に悩む方が多いのが進学すると使わなくなるランドセルの処分です。

少し前までは捨ててしまう、人にあげるかのどちらかが多かったですが最近では財布やパスケースにリメイクするサービスの人気が上がっています。

ランドセルは長期間使うことを前提として製造されているため撥水性や耐久性に優れ6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着があるので捨てられず押入れに入れておくよりも形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

小学生の時しか使えないものといえばランドセルを思い浮かべる方が大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では色々な色やサイズが登場しています。

では、もう定番のカラーやデザインは人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は安定しています。

確かにここ数年、緑系とピンク系が1番人気でしたが赤系は1番、2番人気を保ち続けています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、一概に赤系といっても幅広いラインナップになっています。

この前、プライベートでランドセルについて調べていたらアディダスなどのスポーツブランドモデルも存在する時代なんですね。

元気いっぱいな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の特徴を調べると自社製造というわけではなく日本のメーカーへ製造委託しているようです。

耐久性が高く造られています。

機能が似ているところも多く見受けられます。

他にも背カンの部分にはフィットちゃんが他にも、肩ベルト部分に防犯ブザー用のDカンがついているなど背負いやすさの追求もされています。

暑くなって来て本格的に「ラン活」の時期になって来ましたね。

ラン活とは来年入学の子供が使うランドセルを探して購入することです。

ラン活に際して特に気になるのは値段の相場ではないでしょうか。

どうやら売れ筋の価格帯は4万円台になっているようです。

7割近くの人が3万円台?5万円台を選んでいます。

実際に販売員をしていた方の言葉によるとその理由を見ると6年間使い続けるということを考えるとまた、3万円以上の丈夫なランドセルなら小学校卒業後に財布やパスケースなど生活環境に合わせてリメイクして使い続けるということも十分に可能になります。

何年か前にタイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを孤児院などの施設に寄付する運動がありましたね。

人にプレゼントしたいという気持ちは素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは本人が好きなものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望がマッチしないこともあります。

実際にこの現象のきっかけとなった人ものちに「ランドセルの寄付自体には意味がない」と言っており子供達の支援が広がるきっかけになればというところがメインだったようです。

皆さんもプレゼントを贈る際は贈る対象が本当に。

現在必要なものは何かを考えて贈りたいですね。

最近はリビングで予習や復習など勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では親が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを質問しながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

リビングにランドセルを置くとインテリアとの調和性が不安となりただリビングに置くとインテリアとの調和性が不安ですよね。

オシャレなランドセルラックを使って解決してはいかがでしょうか。

他には、収納扉にスペースを作ってみたり、現在使っているラックの一部をランドセル用に使う、ランドセル自体がそれなりに重さがあるのでフックの強度に気をつけてください。

ランドセル購入者は誰

初めて小学校へ入学するお子さんがいる時は教科書代など思った以上に費用がかさみます。

その中でもランドセルは様々な価格帯がありいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方のアドバイスによると予算としては3万円以上を見込んでおくと高品質が見込めるようです。

実際に売れているのも4万円台が多いという調査結果もあります。

その中でもなるべく安く購入したいという場合はセイバンなどの国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで飾られていたものや少し傷がついたもの、機能的にほぼ変わらない型落ち品などがかなり安く買えます。

年々選択の幅が広がるランドセルですが来年入学する子供やお孫さんのランドセルはもう決まりましたか?まだ決まっていない人もおそらく夏のうちに選んでおきたいところです。

他の業界同様ランドセル業界にもトレンドは存在しているのでラン活をするにあたってトレンドを知っておきましょう。

2018年度入学の女の子は王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが2018年度入学の子に人気だったようです。

刺繍などのデザインはこのように繊細で上品なものが最近は主流です。

ランドセルと聞いてイメージするようなシンプルなデザインの場合では本体はブラウン系、ふちはピンクといったワンポイントが違う組み合わせも人気です。

夏が来て来年小学校に入学する子供や孫のためのランドセル探し、通称「ラン活」が本格化する時期とも言われています。

売り場に行く前にネットで値段をチェックする方も多いと思いますが意外と高いということに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年度に入学した子供の平均価格は45.000円以上になっていたようです。

なぜ平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応がメインのサイズになり使う材料が増えていることや丈夫なものが欲しいという要望からより丈夫な素材を選ぶためなどがあるようです。

売り場に行ってどれにするか迷ったら販売員さんと相談しながら決めましょう。

夏休みはラン活が本格化する時期とも言われています。

ネット上の調査によると7月~10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などのブランドは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを手に入れたい場合は早めに動かなければいけないということからこの話が出ているようです。

ただ、早く決めすぎた場合に困ることが子供の心変わりです。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてこともあります。

個人的に決めるのにオススメなのは年末年始のタイミングです。

年末の決算で安く買える場合もあり、入学3ヶ月前なら今年の人気カラーランキングや販売員側で売れ筋がわかることもあります。

最近、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設販売コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、特設コーナーで工房系の製品を気に入っても予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は4月頃にはラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている方は早いうちから予約開始日や展示会情報を集めている方が多いようです。

工房系の製品は店頭販売せず通販限定になっていることも多くできれば実物を見ておきたいですよね。

そのため工房系を狙っている人は特にメーカーもあるので今からでも情報を調べてみてはいかがでしょうか。

最近では商品を選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考に選んで後悔した経験もあると思います。

それは子供が使うランドセル選びにも通じます。

ラン活を初めて行う際はわからないことだらけで評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場に見に行くと評判通りではないこともよくあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製造元などの情報を知らなければいけません。

また、口コミを参考にしようと思ってもメーカーは数十社もあり、種類はその数倍もあるので情報が多すぎて何を選べば良いか決められないという話も聞きます。

一番簡単な選択方法としては最初にメーカーを決めてしまうことです。

メーカーを決めたらそこから出ている商品で決めてしまうことです。

最近はリビングで宿題などの勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを教えてもらいながら勉強できるので効果的と言われています。

そのため、あえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルの置き場所です。

どこに置いたらいいか困ってしまいますよね。

オシャレなランドセルラックを使って解決してはいかがでしょうか。

他には、収納扉にスペースを作ってみたり、現在使っているラックの一部をランドセル用に使う、床に放置することが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

少し前、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所などに寄付する活動がありましたね。

プレゼントする気持ちというのは素晴らしいものですがその後、贈られた施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話もあるように贈る側と受け取る側の希望がマッチしないこともあります。

実際にこの現象の発端となった人も少し時間が経ってから「ランドセルの寄付は意味がない」と述べており子供達の支援が広がるきっかけになればというところ実際のところだったようです。

皆さんも何かを寄付する場合は贈る対象が現在必要なものは何かを考えて贈りたいですね。

この前、私用でランドセルについてネットで調べていたらアディダスをはじめとしたスポーツブランドのランドセルがある時代なんですね。

参考:ランドセル買うタイミングは?値段・売り切れ心配【早め?ギリギリ?】

アクティブな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の情報を調べると百貨店モデルと呼ばれるタイプでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているので耐久性が高く造られています。

似ている機能の製品も多く見受けられます。

他にも背カンにはフィットちゃんがロゴが反射プリントされているので暗い道などで存在がわかりやすくなることなど防犯面が上がっています。

初体験のことはどんなことでもわからないことだらけですよね。

特にランドセル選びなど長期間使うものを初めて選ぶのは慎重になりがちです。

各社の製品について口コミなどから比較してみました。

まず、ランドセルメーカーが多いので大まかに分類します。

製造から企画・販売まで全て自社で行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う会社、企画まで任せて販売のみ行う会社の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっている場合 製品の質はまず間違いないです。

一番製造数が多いのが専門企業に任せている企業です。

別業界の有名ブランドの製品がこの部類に当てはまります。

この場合は、ブランドに沿っているか厳しくチェックすることが多いので質が良いことが多いです。

年々、購入時期のピークが早まっているランドセルですが2019年入学のお子さんをお持ちの方はすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは生産可能数などの問題から早めに注文されることも多いようです。

これから購入するという方向けに最新の流行を紹介します。

去年までサイズ見直し問題もありましたが今年はA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行したゴールドなどのメタリックカラーから「上品で知的」な印象のデザインに変化してきました。

女子向けでは水色や紫からブラウン系カラーが流行です。

オーソドックスな赤系もどちらかというとピンクや朱色に近い色味が売れているようです。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセル展示場に来ている光景が夏の風物詩といってもいい状態になってきましたね。

ランドセルを選択するときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が重要視していたのが色やデザインです。

「本人が気に入ったもの」を買うのも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」「かっこいい」と思っていたのが小学校高学年になってもお気に入りのままかはわかりません。

同じようにそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちにそこまで好きじゃなくなったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインを重要視している方が多いようです。

ここ数年で夏の風物詩とも言える光景がイオンなどで見かけます。

それは子供と両親と祖父母のグループがランドセル売り場に一緒に来ている光景です。

ここではおそらく見に行くことの多いイオンオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」について評判などを調べてみました。

かるすぽランドセルの長所は様々な種類や色など、選択肢が多く、実際に試着して選べることと意外と高機能な製品になっていることです。

短所としてはラインナップが幅広いので想定していなかった色や形を子供が気に入ってしまうことがあることです。

小学校を卒業した際に悩む方が多いのが使用しなくなるランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう、人にあげるかのどちらかが多かったですが財布やパスケースにリメイクするサービスが最近人気になっています。

ランドセルは小学校在学中の長期間使うことを前提としているため撥水性や強度が高いので6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、捨てられず押入れに入れてままにするよりも、かと言ってそのままでは使えないので結局邪魔になってしまいます。

そのため、進学した際に定期券を使う場合にパスケースが必要になるなど形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

皆さんは小学校へはどんなカバンで通学しましたか?多くの人がランドセル通学だったと思います。

自分の子供や孫が小学校へ入学するからとラン活を始めると2000年代前半くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

もし選び方に悩んだら他の多くの方がどんな面を重視していたか参考にしましょう。

例えば、購入時ではなく購入後数年経過してからもう1度ランドセルを選ぶとしたら何を重視するかというという実際の感想から聞くアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さ、容量を重視しているようです。

ここでいう軽さとはランドセル本体ではなく背負った時に軽く感じるかです。

関連ページ