60歳を超えても住宅ローンは借りられる?おすすめの銀行は?

夢のマイホームを建てたいけど、予算があまりないそんな方にお勧めなのが中古物件の60歳からの住宅ローンです。

但し、注意点があるので気をつけましょう。

一番は、借りたお金を返す期間が短い点にあります。

その理由として古い物件なので耐久力が劣っている場合が考えられ少しでも早く、返済を済ませる必要があるのです。

安く購入できるメリットはありますが、上手に選択しないと予想外に負担が大きくなってしまう可能性も考えられます。

綺麗に改装してから住みたいという方は、その分の費用も加算してどの程度お金が必要なのかを調べる必要があります。

これから住宅ローンを組む予定の60歳以上、定年退職後の方に、しっかり下調べをしてからボーナス払いを利用しましょう。

大きなお金が入った時にまとめて返す事が出来れば、月ごとの返済金額が少なくなるという利点もあります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、場合によっては多かったり少ない時も考えられます。

なので始めからボーナスも返済に入れている人の割合は、ことのほか少ないという調査結果も出ています。

もし不安な方は、まとまったお金が入った時に利用出来る任意返済もできるところで申請してみましょう。

60歳からの住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。

最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。

という点です。

フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。

35年という長い間、世の景気に左右されることなく、そんなフラット35の60歳からの住宅ローン審査は、一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。

また、それに加えフラット35の審査特徴として住宅の価値を審査される。

という点が加わります。

貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。

逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。

仮に住宅ローンを返金している最中に、失業したら残りのお金をどう返済していけば良いのでしょうか。

このような場合に備えて、抑えておくと安心です。

まずは、焦らずに自分が今置かれている状況を把握しましょう。

リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのかその理由如何で支給される金額も大きく変わるからです。

会社側の都合であれば、1年間は失業手当が出ますので再度、就職するために探しながら返済もしていけると良いですね。

ただローンは一度でも延滞してしまうと、破綻せざるを得ないので今、自分が何をすべきなのか冷静に考えて行動しましょう。

今すぐにでなくても、いつかは住宅ローンを申し込む方は融資を得る為に必要な経費とその他にも何が必要か調べましょう。

普通は、ローンの1割程度が必要経費としてかかってきます。

口コミなどで評判の利率の良い銀行で選んでみたけれど、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、さほど、安くなってなかったという事も十分あります。

ですので、予想外に必要になる経費も合わせていくらになるか合わせていくらになるか総返済額を調べることから始めましょう。

具体例を挙げると、事務手数料や保証料が無料の場合、それ以外で費用がかかる事もあるのでしっかり確認しましょう。

最近では様々な住宅ローンの商品が出回っており、どういったメーカーの商品を選んだら良いのか分らず、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

自分では決めかねるという方は、アドバイザーに相談した上で借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。

今後も金利などのお金を合わせて払い続ける立場にいますので、アドバイスを受けるためだけにお金を払いたくない方が多いです。

殆どの場合、FPの資格を持っている仲介者が多いためしっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。

まずは自分でもいくつか下調べをしてみると良いですね。

マイホーム購入資金の調達として頼りになるのが住宅ローンだと思います。

とても簡単に申請でき職場や自宅近くにある銀行でも良いですし足を運べない。

という場合はネットバンクなども良いでしょう。

さらに、不動産屋とつながっている銀行等に任せる方法もありますので、都合に合わせて選べます。

申し込み後の審査に合格し、支払する時が来た場合10年間ぐらい控除を受けることが可能です。

こちらは会社で行われる年末調整ではできなくて自分で行う確定申告で申告する必要があります。

家を購入しようとしたときに最初に来る難関は資金をどう集めるか、という事ではないでしょうか。

たいていの方は、銀行や信用金庫などから住宅ローンの申し込みをすると思います。

申請者は、一番稼ぎがある人でないといけません。

期間は最長で35年もありますので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険の申し込みも進められます。60歳からの住宅ローンでも当然加入しなければいけませんが、借り入れ期間は年齢制限によってどうしても短くなることになります。

参考:60歳からの住宅ローンおすすめは?審査の年齢制限【厳しい年齢は?】

これは万が一のことがあって支払が出来なくなった時借金が0円になる。

という保険です。

自分で家を建てたいと思い始めたとき銀行から申し込みできる住宅購入時の貸付が良いです。

申し込んだ場合、審査があります。

まずそれを見事に合格しないと、次の段階に進むことはできません。

重要な判断材料は仕事の内容、何年務めているか、年収はいくらか、が主に見られます。

あわせて、カードローンの使い道などもチェックされるケースが多いので今後住宅購入を考えているのであれば無謀な使い方はやめましょう。

できれば使わないのが一番良いです。

自分の家が欲しいと思ったとき住まいの融資に頼る人がほとんどでしょう。

多くの銀行で申し込みができるので評判などを気にしながら選びたいですよね。

そんな時は口コミサイトが役立ちます。

サイト内は資金に関係する事柄だけでなく社員の態度やお店の雰囲気などまで細かい所まで観察し、自分が思った事とその良さを星の数で示している場合もあるのでどうせなら良い契約をしたいと考えている人にとって良い例になるでしょう。

夢のマイホームを建てたいと考えたときに銀行系、ネットバンク系ならどこでも申請可能なマイホーム購入時の融資が頼りになります。

ですが、たくさんある金融機関の中からどこを選べば良いのか迷ってしまう方も多くいらっしゃると思います。

選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども受け付けることができます。

ですが、どの場合でも審査が必ずあり申込者全員が通る。

といった物ではありませんので、注意してください。

長年の夢だったマイホームを購入してまもなく、三大疾病にかかってしまったらどうしたら良いのでしょうか。

大抵の場合、どこのローンでも団体信用生命保険に加入している為契約をしているご主人が死亡すると、お金が振り込まれます。

その中にガン保険がついている保証サービスもあれば、申請しないと申込みできないものもあるので確認しましょう。

それに同じ保険でも診断された時点で支給されるものと、例えば13ヶ月以上通院した場合に支給されるものもあります。

どちらも月々の金額で計算すると数千円の違いなので、もしもの時にしっかり備えておきましょう。

今後、自分のマイホームを購入される予定の方はローンの他に火災保険にも入らなければなりません。

ひと月で見積もってもかなりのお金がかかるのに、また別にお金がかかるのは嫌だと思う方も多いでしょう。

けれども、災害や家事などで家を失ってしまった場合に少しでも節約するためといって加入しなければ、他の経費と合わせてこのローンも払っていくしかないのです。

何かあっても問題を解決できるように、申込みをしておけば融資する側もあなたも負担がかからない最善の方法です。

まずはこのような必要性がある事を把握しておきましょう。

毎月の住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。

そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。

繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。

60歳を超えてから繰り上げ返済をすると、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、元の借入額を減らす事が出来ます。

元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。

60歳を超えてから繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。

住宅ローンを組んでいる方の中で借り換えを検討されている方も多いでしょう。

借り換えとは、他の銀行へ住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

なぜなら、借り換えには諸費用が必要だからです。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えにはそういったケースも含め返済シュミレーションなどを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。